おすすめ情報

更新日:2016/05/27

レディースローンのすすめ


消費者金融からお金を借りるのは男性がすること、というイメージがかつてはありましたが、現在ではそんなことはありません。最近は女性の利用者も増えています。女性だって男性と同様にレジャーや交際にお金がかかりますし、また、家族に病人が出て急に入院費が必要、などという事情が発生することもあります。

ただ、それでも女性にとって消費者金融会社に借り入れの申し込みをするというのは、何となく気が引けるものです。お金が必要になった事情をどう説明すればいいのか、利息の計算などはすごく難しいのではないか、そんな不安を理由に利用をためらっている女性も少なくありません。そんな女性のみなさんにおすすめなのが、レディースローンです。

レディースローンとは、そういう種類の特別なローン商品があるわけではなく、女性が利用しやすいようさまざまに工夫されたサービス体制のことをいいます。現在、いくつかの消費者金融会社がこうしたサービスを提供しています。具体的なサービス内容は各社によってさまざまですが、ほぼ共通しているのは、担当社員がすべて女性だということです。窓口担当者も女性なら専用電話のオペレーターにも女性を配し、同性ならではの気遣いで相談に乗ってくれたり、疑問点に答えてくれたりします。

アコムマスターカード頼りにしてます


アコムとACマスターカード:【申込前】に確認!土日即日融資、審査、営業時間、無人契約機


彼女とのデートがあるけど給料日まではまだまだ先、とか、お買い得な洋服を見つけたけど手持ちが足りない、なんてことってありますよね。銀行口座にお金があれば問題ないけど、口座にお金はなくてもどうしても必要な時もありますよね。そんな時に頼りになるのがキャッシングカードです。キャッシングカードといっても、たくさん種類があるのでどれがいいのか迷ってしまいますよね。そこで、使えるカードがアコムマスターカードです。は、MasterCardのクレジット機能がついているんです。クレジット機能がついているから、メインカードとして継続的に利用出来ます。

もちろん気になる年会費は無料です。申し込み後、最短即日発行で、一部のむじんくんで、その場でカードを受け取ることができるんです。店舗は限られてしまいますが、申し込んでからすぐ使えるなんてとっても嬉しいですね。アコムのHP上でも、キャッシング可能かどうか、3秒で診断することもできます。また、HPで契約まですることもできます。利用明細は、店頭窓口、ATMで受け取ることができるんです。

アコムマスターカードは、明細が自宅に届くことがないので、秘密ではないけど家族に知られたくない場合も安心ですよね。支払い方法が「口座振替」の方は、明細を送付希望される場合だけ郵送してくれます。アコムマスターカードの利用上限額の中で、キャッシングでもショッピングでも、自分の使い道に合わせて、自由に組み立てることができます。申し込みも簡単、すぐに発行してくれてとても頼りになるアコムマスターカードです。



即日融資でお金を借りる


お金が必要になると言う時というのは、急ぎである場合が多く、即日融資をしてくれるというのは、非常に魅力的なお金の借り方ということができます。即日で借りることができれば、非常に安心感があると言うこともできます。いざというときのために、このような物を用意しておくと言うことも必要なことと言えるのかもしれません。いろいろな消費者金融がありますので、その中から有利な融資をしてくれるところを探しておくと言うのも、有効な方法ということができます。納得できる内容で、融資を受けることができれば、非常に充実した物になるといこともできるでしょう。口コミなどいろいろチェックし、少しでも有利なところを見つけておくというのは必要なことと言えるのかもしれません。

最近では、いろいろな消費者金融が、いろいろなサービスを提供してくれているということができるため、こまめにチェックすると言うことも必要になると言うことができるでしょう。そのようなことを行うことで、実際にお金を借りると言うことが必要になったときに、どこで借りるか迷わずに済むということもできます。インターネットというのは、非常に便利なもので、そのような物を検索すると、利用者の体験談などを簡単に見ることができるようになります。有利な条件で、その融資をしてくれるところを探していくというのも、必要なことと言えるでしょう。お金を用意することができる方法を知っておくというのは、非常に大切なことと言えます。その方法として、インターネットを利用していくというのは、有効な方法と言えます。



生命保険の契約者貸越とカードローン(主にノンバンク系)の比較

生命保険の契約者貸越とは?

生命保険の契約者貸越というのは、生命保険の解約返戻金を担保に保険会社から融資をしてもらうという資金調達手段になっています。貸越として融資される金額については、解約返戻金の70%〜90%程度の金額となっていて、この利率に関しては生命保険を提供している保険会社の商品内容によって大きく異なりますので、生命保険に加入されている方は、契約書類を見直してみると良いでしょう。
解約返戻金とは?
解約返戻金というのは、生命保険を解約した際に返金される金額のことになっています。この解約返戻金は、保険の種類と加入年数によって大きく変動するのが特徴的になっていて、生命保険に限らず、学資保険や損害保険などでも利用することが出来る制度になっていますが、契約内容によって大きく異なるのが特徴となっています。

よくあるケースとしては、解約返戻金が発生しない代わりに、月々の保険料が安くなっているプランなどがあります。貯蓄性が無い保険商品となっていますが、事故や死亡、入院などの際にはキチンと保証されている保険となっているので、月々の貯蓄に回すほどの給料は無いけど、万が一の備えとして保険には加入しておきたいという若い世代の方に人気のタイプとなっています。 このタイプとは全く逆のタイプと言えば、貯蓄性の高い学資保険や貯蓄保険などが挙げられますが、これらの保険に関しては満期になると、数%〜数十%ほどの利息が付いて還付されることが多くなっているために、約定利率が高くなっていることが特徴的です。
生命保険の契約者貸越を利用した際の利率や限度額について
生命保険の契約者貸越では、解約返戻金の70%〜90%を限度額として保険会社から融資される制度となっていますが、一般的な生命保険では、それほど多くの解約返戻金にはなりませんので、数十万円程度の融資ということになります。

そして、貸越の際の貸付金利については、生命保険の種類や契約内容によって大きく変動しますが、生命保険の予定利率に1〜2%を加えた金額となっていることが多いです。限度額については設定されていない保険会社が多いですが、貸越利率が設定されている保険商品が多いので、結果的に数十万円程度の融資となります。
生命保険の契約者貸越を返せなかったらどうなるのか?
生命保険の契約者貸越は融資という名の借り入れとなりますので、返済をする義務が発生します。これは、カードローンや銀行の融資と同じですが、返済しなければペナルティが発生します。

契約者貸越でのペナルティというのは、「保険の解約」となります。そして、解約返戻金を担保に貸越をしてもらっているということになりますので、解約返戻金が借入額とともに消失するということになります。

そのため、契約者貸越を返すことが出来なかったら保険も解約されてしまうことになりますので、万が一に備えて、保険に加入しておきたいなら、再度保険に加入しなければならないということになります。

そして、保険商品というのは、年齢を重ねてから入り直すと月々の費用が高騰することが多いために、家計にも大きな負担を与えるということに繋がりますので十分に注意して下さい。

生命保険の契約者貸越と、ノンバンク系のカードローンなら、どちらにメリットが多い?

融資に至るまでの時間で比較
生命保険の契約者貸越を利用する際の申込みから融資までに必要な時間というのは通常3日間〜7日間程度が必要とされています。しかし、契約者貸越の場合は、自分の生命保険の解約返戻金を担保に融資をしてもらうということになりますので、カードローンや銀行の融資などの際に存在する「審査」という行程がありません。

そのため、「借りられるかどうか分からない」という状況になる心配はありませんので、時間が許すのなら安心して待つことが出来る制度となっています。

ただし、金額に関しては上記にも紹介したように、解約返戻金の70%〜90%となっているために、高くても数十万円程度の融資になるということになります。もしも、高額な生命保険を掛けていて、解約返戻金の利率も高い保険商品なら100万円を超えるケースも多いですが、カードローンに比べると、金額が低くなっていることが特徴的です。

ノンバンク系のカードローンの場合は、スピードをセールスポイントにしている業者が多いので、基本的に即日で融資が可能になっています。金額に関しても、信用情報に問題がなく、安定した収入を得ている状態なら100万円以上の限度額が設定されることも珍しくありませんので、緊急時には助かる資金調達手段になっています。
貸付金利で比較
生命保険の契約者貸越を利用した際の貸付金利については、保険商品や保険会社によって大きく異なりますが、通常は生命保険の予定金利に1〜2%を上乗せした金利となることが多いです。そのため、生命保険の予定金利は2〜4%程度になっていることが多いために、生命保険の契約者貸越の貸付金利は、3%〜6%程度になることが多いです。

次に、カードローンの貸付金利については、貸付限度額によって大きく異なることが特徴的です。しかし、300万円を超えるような貸付限度額が設定できるような状況なら5%を切る貸付金利を設定されることも珍しくありませんが、100万円程度の貸付限度額なら、10%以上の貸付金利になってしまうケースが多くなっているために、生命保険の契約者貸越と比べると、圧倒的に貸付金利が高くなっています。

そのため、貸付金利だけで比較をするのなら、生命保険の契約者貸越を利用したほうがメリットも大きいということに繋がります。



セレカは、素早い契約が可能です


消費者金融でお金を借りている人は多いと思われます。そして、返済期間を過ぎてしまったりすると、とても焦ることが多いと考えられます。また、この場合には、クレジットカードなどを新規に契約することは難しくなります。そして、調停などの手続きをするとしばらくはクレジットカードの作製も難しくなります。 また、こんな時に限って、急に出張に出かけることが必要になることもあります。出張の旅費というものは、必ずしも、会社が先に支払ってくれるとは限りません。まずは、自分で支払うことが必要になることも考えられます。そんなときには、すぐに現金が必要だと思ってしまうでしょう。

消費者金融の返済期間というものは、すぐにでも解消したいものです。また、調停の手続きをすると、いろいろな不都合も出てきます。こんな悩みには、すぐに契約できるカードローンが強い味方のなってくれます。そこでお勧めしたいのが、静岡銀行のカードローンであるセレカです。セレカは利用金額が300万円以内ならば収入証明書も不要です。そして、審査も早いです。困った時には頼りになる存在だといえます。



銀行のカードローンと比べて


社会に出て仕事をし、たくさんの人と関わると急な出費が増えてきてキャッシングを利用する事があります。

金利の安い銀行のカードローンは国民健康保険に加入していると申し込めないなど、厳しいルールがあり審査に通る事は難しくプロミスのような消費者金融を利用する事が一つの手段となってきます。

金利や使い勝手なら断然銀行のカードローンの方が良いのですが、ルールをしっかり把握すると消費者金融の優れた面もあり、状況に合わせた使い方をしていく事ができます。

消費者金融の中でもプロミスには「30日間金利ゼロ」というサービスがあり、1万円の借り入れでも限度額の500万円の借り入れでも最初の30日間金利がかかりません。

このサービスを受けるにはポイントサービスに加入する必要があるのですが、金利無料期間が過ぎた後でも使い続けるとポイントが溜まり新たに金利無料期間のサービスを受けられるようになります。

またプロミスは国民健康保険の加入者でも申し込みでき、審査のスピードも早く急いで現金を用意したい場合などは断然、消費者金融を利用する方が適していると言えます。



おまとめローンで借金完済への決意を喚起


複数業者のカード発行を行って、ローンやキャッシングを重ねてしまうと、多重債務状態で借金返済が難しくなる可能性があります。

複数社への借金返済では各業者への利息払いだけでも負担が厳しくなり、借金元金を減らせずに悩みを抱えると正しい判断が難しくなるという方は多く、そこで借金完済は無理と判断せずにおまとめローンを活用する事は有効です。

おまとめローンサービスを受けると、複数社のカード発行で作った借金を一社に纏める事が可能であり、金利を低下させて利息負担を小さくする事によって、完済への気持ちを喚起させる効果があります。

完済を諦めていた場合でも、このサービスを受ける事で借金完済への決意を喚起させる事が出来ますし、利息負担額が小さくなるだけではなく返済先業者が一つになって手続き負担も小さくなります。

このローンを組んだ以上は完済を目指して、延滞遅延等を一切発生させずに完済させる計画を立てる事が望ましく、おまとめサービスをさらにおまとめという事は出来ないですから注意が必要です。

新しい借金を一切発生させる事なく、まずは返済を優先する事が望ましいと言えます。



消費者金融の正しい利用の仕方


消費者金融でキャッシング枠を利用する際に最低限、検討したい事項としては貸出金利、返済最低額などがあります。2010年6月にグレーゾーン金利が完全に廃止され、現在はほとんどの消費者金融で最高でも貸出金利は20%なので、過去のようにさらに高い高金利を付けられることもありません。ただそれも程度ものなのであまり長期に渡って借り続けることは望ましくありません。

なぜなら、消費者金融の返済方法は基本的にリボルビング払い方式を取っているので、返済最低額は消費者金融にもよりますが、2000円から数千円と極めて低く設定されていてとても利用しやすいのです。しかしリボ払いの欠点は次々とキャッシング枠を利用して借り入れ残高を増やしていっても返済最低額が変わらないので、自分がいくら借りているかに対する認識がとても甘くなりがちです。

しかもリボ払いはなかなか元金が減らないタイプの返済方法なので、何年も払い続けなければなりません。金利を含む総支払額が増えるのもこの支払い方法のデメリットです。それだけにキャッシング枠を利用するのはとても私たちの生活には便利な方法なのですが、同時に自分でしっかりと管理して、月に使用する程度や最低限いくらの範囲で使用するということを決めておくと同時に、できるだけ短期に返済する癖づけをしなければなりません。

幸いに各消費者金融は毎月の定期的返済に加えて、元金の随時返済(繰り上げ返済とも言います)や完済も認めてくれていますから、お金ができたらこまめに返していきましょう。それがしっかりと守れている限りは多重債務者になることから避けられると思います。



パートもキャッシング利用できます


車検が近い場合、まとまったお金が必要になるのでお金のやりくり資金準備など、どうしようかとご検討されている方も多いでしょう。

そういう時はキャッシングやカードローンなど家族に内緒で申し込み、即日融資、返済ができるので何かと便利です。パート主婦も利用することができるので安心できます。働いていると安定した収入があると判断されキャッシングの申し込み対象になりパート主婦も利用することができます。

車検は時期が決まっていますし、まとまったお金を準備するとなると何かと忙しいので借り入れがすぐにできることで精神的にも安定して過ごせるようになります。家族にバレることなく融資を受けることができるので金銭的なことでアレコレ言われることもありません。

カードローン会社などお客様方へのサポートが充実しているので、借り入れや返済などもご自宅近くのコンビニATMを利用することができますし、上手に活用することができるので日常生活の一部になるでしょう。



無担保借入の審査条件


従来、金融機関から融資を受ける場合は、何らかの「担保」というものが必要になります。それは土地・建物といった不動産のような「物的担保」と、いわゆる保証人という「人的担保」に分けられます。

これは万が一債務者が、債務を返済できなくなった場合に、その返済に充てるもので、金融業の融資では、当然の契約となっています。しかしそのようなものを用意できない人もいますし、それ以前にそこまで高額でもない債務で、いちいち「担保」を用意しなければならないとなれば、利用者が減ってかえって、金融業の利益を減少させる事になりかねません。そこで金融業は、多少損さ基準を下げて、「一定の収入や社会的地位」というものがあれば、「無担保借入」という形で融資を行う制度をもうけました。それが今で言う「カードローン」です。

これは完全に「無担保借入」の契約で、契約時に上記の要件を満たしていれば、特に担保設定は必要ないので、かなり手軽に利用できる契約制度です。さらには親権者等に十分な資産や収入があれば、学生ローンのように、未成年でも「無担保借入」が可能になっています。やはり金融業は、金利が収入なわけですから、借り手がいて成り立つので、従来の形式ではない、そのような妥協も致し方なのでしょう。